機械学習銘柄をリサーチ

機能学習(人工知能)とは、人工的にコンピュータで人間同様に考えたり実行させようとする事、そのための一連の技術を指しています。近い将来普及していくであろうロボットや車両の自動運転、工場の自動化などに活用される見込みです。

株 機械学習

今後、近い将来に立て続けに材料が投下されることが想定されるため今からリサーチしておきましょう。

<4326>インテージHの会社情報

会社名
インテージH
英字表記
INTAGE HOLDINGS INC.
URL
http://www.intageholdings.co.jp/
概要
パネル調査で国内首位。消費と販売の両パネル調査網を持つのは国内で唯一。
業種
情報・通信業
テーマ
[インターネット調査・分析][マーケティング][コンサルティング][営業・販売支援][データ分析・解析][ビッグデータ][人工知能][選挙関連][ネット選挙][中国関連][IT関連][ウェブサービス]
比較される銘柄
<3905>データセクション 、<6038>イード 、<3680>ホットリンク

会社プロフィール

同社は、市場リサーチで国内首位で、消費と販売の両面のパネル調査網を持つ日本唯一の企業。

1960年に製薬大手エーザイの資金援助で社会調査研究所として設立、全国の薬局・薬店調査から出発し、消費者パネルや全国小売店パネル調査などへ事業を拡大しました。

2000年にIBRD社(現・アスクレップ)を子会社化し医薬品開発支援(CRO)事業にも進出、12年に医療情報総合研究所も傘下に。

過去のニュース

ここでは過去話題となった代表的なニュースをお伝えします。

2016年11月08日<4326>インテージH、上期経常が3%増益で着地・7-9月期は3%減益

同社は、> 11月8日大引け後に決算を発表。

17年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結経常利益は前年同期比2.8%増の13.7億円となりましたが、通期計画の42.5億円に対する進捗率は32.2%となり、5年平均の30.9%とほぼ同水準でした。

会社側が発表した上期実績と据え置いた通期計画に基づいて、当社が試算した10-3月期(下期)の連結経常利益は前年同期比10.2%増の28.8億円に伸びる計算になります。

直近3ヵ月の実績である7-9月期(2Q)の連結経常利益は前年同期比2.8%減の8.8億円となり、売上営業利益率は前年同期の8.3%→7.6%に悪化しました。

2016年10月17日<4326><4326>インテージHが3連騰、SBIインベストメントと私募ファンド設立。

同社はSBIインベストメントと私募ファンド「INTAGE Open Innovation Fund」を共同設立すると発表したことが買い材料視され株価は上昇しました。

同ファンドは同社グループの既存事業分野や、IoT・AIといった最新技術を持つ国内外のベンチャー企業を投資対象。ベンチャー企業への投資を通じ、中期計画に掲げるイノベーション活動を一層強化、加速する狙いです。

<6050>イー・ガーディアン

同社はEC事象者向けにディープラーニングを活用した人工知能型画像認識システム「ROKA SOLUTION」の"マッチング機能"の提供を開始。

ROKA SOLUTIONは、世界トップクラスの画像認識の機械学習システム(人工知能)を持つ東京大学大学院原田研究室とイー・ガーディアンが共同で開発したディープラーニングを活用した人工知能型画像認識システムです。

大量の画像・動画データを目視により分類したものを教師データとして事前にエンジンに学習させ、その後実際の対象画像・動画をシステムに判定させ、結果を数値で表す。

また、結果が誤っていれば学習するという作業を繰り返し行う事で判別能力を向上していきます。

<6050>イー・ガーディアンの会社情報

会社名
イー・ガーディアン
英字表記
E-GUARDIAN INC
URL
http://www.e-guardian.co.jp/
概要
SNS等の投稿監視や運用支援が主力。問い合わせ対応代行や広告審査も。
業種
サービス業
テーマ
[SNS][遠隔監視][情報セキュリティ][人材派遣][人材紹介][コールセンター][広告][ソーシャルメディア][ブログ][フェイスブック][オンラインゲーム][ソーシャルゲーム][スマホゲーム][選挙関連][ネット選挙][ビッグデータ][VR][IT関連][人工知能]
比較される銘柄
<3632>グリー、<4751>サイバー、<3775>ガイアックス

会社プロフィール

携帯電話やスマホ、パソコンなどネット上の掲示板やブログ、SNS、ゲームなどのコミュニティサービス向けに、投稿記事の監視サービスを手掛けています。

1998年設立。

顧客の定めた基準に基づき、24時間365日体制で人間の目による投稿監視を実施。

目視した件数に応じて手数料を受け取るビジネスモデル。

投稿内容を分析したデータ提供や広告審査業務も手掛ける。

大株主だったソーシャルゲーム大手グリーへの依存度は徐々に下げている。

過去のニュース

ここでは過去話題となった代表的なニュースをお伝えします。

2017年01月17日<6050>イー・ガーディアンイー・ガーディアンが大幅高で最高値街道、AI関連の新星として頭角現す。

イー・ガーディアン<6050>が大幅高。

人工知能(AI)関連として人気が加速してます。

同社はオンラインゲームやSNS向けに投稿監視や運用支援を手掛けていますが、AIの積極活用で利益採算が向上しており、16年9月期営業利益は前年同期比71%増と急増、17年9月期についても18%増益を見込んでいます。

2017年01月13日<6050>イー・ガーディアンが上場来高値圏を舞う、AI関連の成長株として大口資金流入。

同社は電子商取引事業者向けに人工知能(AI)型画像認識システム「ROKA SOLUTION」を展開し、AI関連株として大口の買いが続いてます。

同システムはディープラーニングを活用してインターネット上に溢れる画像に対して自動で判別、把握をすることが可能で、さまざまなコンテンツを扱うメディアの需要をとらえることからも期待で資金が同社株に集中。

<3776>ブロードバンドタワー/h3>

同社は「グローバルIoT事業本部」を軸に、地球上のあらゆる人やモノがインターネットに繋がる「アフター・インターネット(AI:After Internet)」の時代に向け、「人工知能(AI:Artificial Intelligence)」を活用する事業を創出する「AI²プロジェクト」を開始。

<3776>ブロードバンドタワーの会社情報

会社名
ブロードバンドタワー
英字表記
BROADBAND TOWER, INC.
URL
http://www.iid.co.jp/
概要
都市型データセンター運用が主力。ECシステム構築など。ファッション通販の支援・企画も。
業種
情報・通信業
テーマ
[データセンター][Webサイト構築][クラウドコンピューティング][eコマース][インターネット通信販売][テレビ通信販売][ビッグデータ][ASP][SaaS][SOHO][IT関連][太陽光発電関連]
比較される銘柄
<9719>SCSK、<3919>パイプドHD、<3031>ラクーン

会社プロフィール

同社はインターネット業者向けにサーバーを監視・運用、ネット接続環境を提供するデータセンターが主。

2000年にインターネット総研(略称IRI)と米グローバル・クロッシングが共同出資で設立、02年米社の日本撤退でIRI子会社、その後に持分法適用会社となり、現在は持分法から外れています。

データセンターのクラウド化ソリューションを強化。

子会社のビービーエフがQVCジャパンなどへのファッション通販支援事業を展開。

過去のニュース

ここでは過去話題となった代表的なニュースをお伝えします。

2017年01月12日<3857>ラックが<3776>ブロードバンドタワーとデータセンターのセキュリティー対策で協業を発表。

<3857>ラックがこの日の取引終了後、<3776>ブロードバンドタワーと協業し、ブロードバンドタワーのデータセンターサービス利用者向けにラックの「Secure Net」を活用した共同利用型セキュリティー監視サービス「BB Tower Secure Net」を、2月中に提供開始すると発表しました。

ブロードバンドタワーでは、データセンター事業およびクラウド型ホスティングサービス「C9 Flex サービス」を提供していますが、セキュリティー対策の強化を検討していたことから、今回、ラックと協業し、「BB Tower Secure Net」を提供することで、大企業・団体・組織と同等レベルのセキュリティー対策サービスを提供できるようになるという。

また、コストやセキュリティー人材不足、監視体制の不備といった課題の解決にもつながるとしています。

2016年11月07日<3776>ブロードバンドタワーが急反発、7-9月期(1Q)経常は3.1倍増益。

同社は4日、決算を発表。

17年6月期第1四半期(7-9月)の連結経常利益が前年同期比3.1倍の1.6億円に急拡大して着地したことが買い材料視されました。

アパレルメーカー向けのEC業務支援やTVショッピング支援で顧客ブランドの売上が伸び、ファッションビジネスプラットフォーム事業の収益が急拡大したことが寄与。

2016年08月10日<3776>ブロードバンドタワー、今期経常は63%増益へ。

同社は8月10日大引け後に決算を発表。

16年6月期の連結経常利益は前の期比27.0%減の5.5億円になりましたが、17年6月期は前期比62.7%増の9億円に拡大する見通しとなった。14期連続増収。

同時に、前期の年間配当を2円→3円(前の期は2円)に増額し、今期は前期の特別配当1円を落とし、普通配当2円にする方針としました。

直近3ヵ月の実績である4-6月期(4Q)の連結経常利益は前年同期比74.0%増の1.6億円に拡大し、売上営業利益率は前年同期の1.3%→2.3%に改善。

【人工知能関連銘柄まとめ】

人工知能関連は、既に我々の日常生活の一部としてとけ込んでいる人工知能関連サービスも多数あります。

そして、今後もさらに新たな発表が出やすい分野であり、時代の進歩と共に人工知能が我々の日常生活の中に普及してくることを考えると、現在進行形で進んでいるテクノロジー社会へ向かう世界の動きにマッチしていると考えられます。

これから人工知能関連銘柄への株式投資を狙っている方は、このような特徴をよく理解しておくと良いでしょう。

PageTop